yak on about weekend

とりとめのない ユルオタライフ

【有頂天家族2】『第九話 それぞれの二代目』べんてんさまこわい。

さぁ前回の続きが気になるところですが…
まったく場面切り替えですね!!
あの後の矢三郎と海星ちゃんの会話が知りたい。

で、だめだー。
開幕の見送りで泣く。予定調和だ。

京都行きたい。

f:id:reina2225211:20170604232758j:plain

赤玉先生は弁天様推し(知ってた)

歌ってる矢三郎かわいいな!!

偽右衛門選挙の立会人という…
狸にとってのビッグイベント。

赤玉先生がそのまま立会人してくれたらいいのですけどねぇ。
跡継ぎの既成事実かぁ。
難しいね!どう転んでも血を見る予感しかしないよね!!

『如意岳薬師坊対策本部』

こういうノリ大好き!

酒とツマミで楽しそう。
全然危機感ない感じ、すごくいいと思う。笑

もうね、有頂天家族見るたびに酒飲みたくなるから、今日は最初から飲んでます。ふふ。ぬかりなし。

 

矢三郎は…「波風立てる」方向に動いたわけだけど、どうなるんだろ。
矢一郎が言うとおり、赤玉先生と弁天様の怒りを買うのは必至。
一般論として、2代目を擁立したら「ヤバイ」のは明白。

矢三郎ならなんとかしてくれそうだし、面白いのは確かだけど…

人間はさ、日和ってしまいますよね。
安全な方に。
波風立てないように。

でもそれでいいのかな?
面白くないよね。

これは、結構大きな問題提起だと私は思うのです。

2代目との交渉

相変わらずの英国紳士ぶり。
素敵。

矢三郎は終始演技がかってるわけですが…
いやぁ、こういう立ち回りの上手さというか、肝の据わりっぷりカッコイイですねぇ!
声優の櫻井さんの演技がかってる演技、素晴らしいと思う。
食えん感じ。善き善き。

2代目の回想シーン

これはー…イギリスでの邂逅ですよね。

弁天様、海外から赤玉先生にあてたお手紙で「退屈」とおっしゃってたけども…
弁天様は…寂しいんですかね。

矢三郎に「好きとおっしゃい」というような発言をたびたびしているけども、なんだかんだとくっ付いてくるのが矢三郎ぐらいだから嬉しいのかもしれない。

今回は後半に1期以来の「だって私は人間だもの」という発言がありますが…

どういう意図なのかなぁ。
このセリフにはきっといろんな感情があると思うんですけども。
なんとなく、自分と距離を置く時の発言、ですよね。

矢三郎はなんだかんだ「弁天様が好きです」とは言わないんだなぁ。
好きなんだとは思う。ただどういう「好き」かね?
海星ちゃんのこともあるし、狸として恋愛対象ではなく崇拝対象というか…微妙~~~~なとこなんですよね!!!!!読めん!

結局、鍵は矢三郎が握ってるんだよな。いつも。

2代目が弁天様を憎んでいる理由はわからずですが…
同族嫌悪もあるのかなぁ、なんて…

『有頂天家族』の主軸は家族愛だと思うので、赤玉先生と2代目の確執もまた、家族としての在り方で。
今回も父親を尊敬し跡を継ごうと奮闘する矢一郎に、どうにも感じ入るところがあったようだし。

…どうなるんでしょうね!わくわくが止まりませんよ!笑

そして幾度目かの弁天様vs2代目

金銀wwwwwかわいいよ金銀wwww
彼らはイギリスかぶれになったり仏教徒になったり忙しいですね。

殺伐とした雰囲気の時に金銀のやりとり聞くとすごくほっとする。
癒し系だ。
強いて言うなら私は銀閣派かな!
金閣に全面的に同意してる割に、たまに金閣が何言ってるのかよくわからんみたいな顔してるのがカワイイと思います。

へそ石様のお言葉もキてますねぇ。
「しょうがにはちみつもいいぜ!」って…
結構ワイルドです。

そして弁天様の逆転裁判キター!
平服~~~~弁天様こわい。

そしてここで「だって私は人間だもの」。
怒りってのは二次感情であって、怒りを誘発した一次感情があるもの。
…やっぱり弁天様の一次感情は「寂しい」だと思うんだけどな。

かーらーのー。
2代目…

ででーーーーーんwwww

ヒエ~。
前回の海星ちゃんかわいい回からの肝が冷える回でした。

次回予告がまた場面変わって矢二郎さんでしたね。
今回の引きからどう繋がるんだろ。

まとめに

天狗は絶大な力があるゆえに「波風立たない」んですよね。
そして、この物語に役者として「人間」は主役にならない。

淀川先生は人間だけど。笑

天狗とか狸とか人間とか。
違いはなんなんだろうなぁ。

私は面白く生きたいな。難しいけど。

なんというか矢三郎の「面白く生きる」ってのは岡本太郎の美学に通じるものを感じる。