yak on about weekend

とりとめのない ユルオタライフ

【キノの旅】#1 『人を殺してもいい国』 懐かしさに胸がいっぱいになりますねぇ

なんとも懐かしいタイトル…

好きだったな。
ちょうどラノベ興隆の時代で、今読み返すと本当に全くどうしょうもない作品もあったんだけど、『キノの旅』は安定して、本読みにからも評価が高かった。…ような気がする。

皮肉やブラックジョークの効いた短編は読みやすい。
コアなファンも多かった。

今見るとまた感想変わるかな。
とりあえずキノかわいい。

f:id:reina2225211:20171007173339j:plain

キノが、基本は夜明けと思に起きて陽が沈むと同時に眠るっていう設定を、折に触れて思い出す。
おもに、自己啓発本とか読んで早起きしようとするときに。笑

『人を殺してもいい国』

 

いいですねー。
映像もきれいだし、声も合ってると思う。

思い込みや常識とか…
盲点をついてくる話の構成が面白いですよね。

今回は「殺人」に対するイメージの盲点。
殺すことは悪いこと。
殺しをする人は悪い人。

殺しても罪に問われない。
殺しは許されていない。

「禁止されていないということは、許されているということではない」

ミステリーファンもこの手のロジックは大好物ですよね。
AはBを内包するけど、AはイコールBではない。

最初と最後で似たような状況を出して対比するのもいいですね~。
寓話っぽい。

クレープの山もりでオチを外してライトジョークで〆てくる感じもキノっぽい。笑

まとめに

これは毎回楽しめそう。
久しぶりに原作読みたくなりました!

 

シズの声が梅原さんなんだね。
登場が楽しみだー♪